単にニキビでも症状は様々

どもりを直すためには練習あるのみ

 

どもりって本人が一番辛いですよね。私も少しあるほうですが弟のほうがそれが強いと思います。私が考えるにどもりは環境要因が大きいと思います。一人で悩まずにどもり 治療役立つ情報です。
いじめにあっていたり、両親が厳しかったりすると、自分からなかなかしゃべれなくなってしまうのです。しゃべろうとすると緊張してしまったりして声も小さくなるのでそれにどもりも加わってしまい余計に聞こえなくなります。それには内向的だったりする性格からももちろん考えられると思いますが。私が考える対策としては声を大きくするということです。それによって少しは相手が聞きやすく、伝えやすくなると思うんです。あとはゆっくり丁寧にしゃべることだと思います。焦って伝えようとすると、声がつまってしまうと思うんです。どもりをなくす練習としてはやはり音読がいいでしょう。難しい本でなくてもかまいません。もちろん音読用の本でなくてもかまいません。自分が好きな本を毎日読んでみましょう。どもりは辛いことですがこれは絶対に直るものだと思っています。人間の癖みたいなものですので矯正あるのみです。